葉酸サプリは妊活の必須アイテム!

妊婦さんや妊活中の女性の間で必要といわれている葉酸。
葉酸の正体からみていきましょう。
葉酸とは水溶性ビタミンであるビタミンBの一種です。
主にビタミンB12とともに働き、DNAやRNAを構成する核酸や赤血球、アミノ酸の合成やたんぱく質の生成促進、粘膜の強化、といった作用があります。
そのため葉酸が不足すると、巨赤芽性貧血という悪性の貧血や、口内炎、下痢、血色不良といった症状が現れます。
また、一番怖いのは妊婦の葉酸不足です。
妊娠初期は胎児の細胞分裂が盛んな時期ですが、この時期に葉酸が不足すると胎児の神経発達に重大な障害が起こる可能性があります。
妊娠中の方、また妊活中の方は積極的に葉酸サプリなどで葉酸を摂取する必要があります。
葉酸サプリによる過剰摂取の心配はありません。
葉酸は水溶性ビタミンのため、過剰分は排出されるからです。

■葉酸がたくさん含まれる食べ物とは?

では、葉酸が摂れる食品にはどのようなものがあるのでしょうか。
葉酸は主に緑黄色野菜に多く含まれています。
特に緑色の濃いもの、葉物野菜を意識して食べるようにしましょう。
またイチゴやアボカドなど多くの女性が好む食材にも葉酸がたくさん含まれています。
意外なところではレバーなどは葉酸の宝庫です。
しかし、レバーなどにはビタミンAが多量に含まれており、妊娠初期のビタミンAの過剰摂取は胎児の奇形を引き起こす可能性があるため注意が必要です。
食材から意識して葉酸を摂取するのも大切ですが、妊娠中の方では悪阻でろくに食事がとれないという方も多いでしょう。
そういった方には葉酸サプリがおすすめです。
また葉酸は水溶性ビタミンのため、調理の過程で流失してしまいます。
安定して葉酸を摂取するためには葉酸サプリなどを活用しましょう。

 

■妊活中にはぜひ葉酸サプリを

妊活中の方にぜひ摂取していただきたいのが葉酸サプリです。
なぜなら、妊娠に気づくのはたいてい2、3か月が過ぎたころ。
そのころから必死で葉酸サプリを摂取しても、一番大切な神経系の細胞分裂は終わってしまっているのです。
神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減するためには妊娠に気付いてからではなく、妊活中から積極的に葉酸サプリを取り入れるべきです。
また葉酸は赤血球の合成に必要不可欠のため、不足すれば貧血になります。
妊活中の方が妊娠しやすい体作りをするためにも葉酸は絶対に必要といえます。
とはいえ、葉酸だけを摂取していればそれでいいのか、といわれるとそういうわけではなく、
栄養素はそれぞれが補い合い働くため、バランスよくさまざまな栄養素を摂取する必要があります。
サプリメントをうまく活用しながら、妊活を機に食事の見直しを図るのもいいかもしれません。

葉酸サプリで妊活ライフを楽しんで下さいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事