美的ヌーボプレミアムは天然だけど吸収率は低くないの?

葉酸を、胎児の神経管閉鎖障害発症リスクを減らす目的で摂るなら、美的ヌーボプレミアムに含まれている葉酸では不十分になってしまいます。
葉酸といっても一つではないのが、分かりにくいところ。
妊娠の時期に応じて、上手にサプリメントも使い分けたいものですね。

神経管閉鎖障害発症リスクを減らす目的で摂るなら、プテロイルモノグルタミン酸を1日に400μg!

葉酸には大まかに2種類あります。
ひとつは食品由来の葉酸で、こちらをポリグルタミン酸と呼びます。
もうひとつは、ポリグルタミン酸よりも、摂取した時の体内での利用効率が2倍近いプテロイルモノグルタミン酸です。

健康食品などに多く付加されている葉酸は、プテロイルモノグルタミン酸です。
厚生労働省が、神経管閉鎖障害の発症リスクを減らすために通常の食事に加えて摂取することが望ましいとしているのは、プテロイルモノグルタミン酸としての葉酸を指しています。

胎児の神経管閉鎖障害発症リスクを減らすためには、美的ヌーボの葉酸では、半量不足していることになります。
美的ヌーボでは、天然成分から100%取り出した栄養素から作られていることを前面に広告しています。
葉酸の原材料も、全て食品からの食事性葉酸となると、体内での利用効率は50%減となってしまうので、実際には400μgではなく1日で200μgしか摂取できていないことになってしまいます。
かといって、勧められている量の葉酸を摂りたいために、多く内服してしまうと、他の成分の過剰摂取が今度は懸念されます。

妊娠中には、不足しがちな栄養素を毎日の食事や、必要時栄養補助食品から補う必要もありますが、過剰摂取も母親や赤ちゃんに悪影響を及ぼすことがあります。
ですので、必要な量を、適正に摂取しなくては、効果が得られないことになってしまうので、成分のメリットデメリットには気を付けていなければなりません。

美的ヌーボプレミアムは摂取しない方が良いの?

障害が発症するリスクを減らす、という目的で、妊娠1カ月以上前から妊娠3カ月まで摂るサプリメントとしては、適さないのではないでしょうか。
葉酸が400μg、というだけでは、妊娠の可能性があって、サプリメントを選ぼうとしている女性には情報不足になってしまいます。
食品から100%取り出しているとは、食事性葉酸のことを指しているとしかとらえられないですし、成分の所にも、プテロイルモノグルタミン酸という表示はありませんでした。

妊娠1カ月以上前から妊娠3カ月までは、プテロイルモノグルタミン酸を1日に400μg摂取できると表示してあるサプリを選び、それ以降は美的ヌーボでも良いと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事