葉酸サプリ!おすすめできないのはこんなモノ!

葉酸と書かれていればなんでもオーケーというわけではありません。

知らない方のために、補足説明させて頂きますと、成分表示に「葉酸」と書かれている場合は、配合されている葉酸は、天然の葉酸成分ではないということです。

内容成分や添加物などきちんと確認してから購入しましょう。無添加と書かれていても調べてみるといろんなものが入っていることが多く、極端に価格の安いものは安全とは言えないものが多いのが事実です。

 

天然葉酸と合成葉酸

よく天然葉酸、合成葉酸といわれていますが、合成葉酸がすべて悪というわけではありません。

天然のままですと吸収率が半分程度のため、加工して吸収率を高めたものが合成葉酸なのです。しかし、この合成葉酸も2種類あって天然葉酸を加工したものと、石油成分(もちろん、体に害がない少ないもの)を加工したものがあるのです。

原材料が書かれていないものは避ける

前者であればまったく問題がありません。そのため、葉酸の由来がはっきりわかるものを購入するのがベストです。葉酸とだけ書かれていて、原材料が書いていないものは避けた方が無難ということになります。

天然食材や植物プランクトンなどが原料の場合は極端に安価なものにはなりません。メーカーにもよりますが、いいものであれば1か月分5千円程度、もしくはそれ以上になるのが普通です。なので千円以下で葉酸と書かれているものは明らかに天然ではないことがわかりますね。

 

ドラッグストアの葉酸はおすすめできない?

ドラッグストアに長期間置かれているようなものはあまりおすすめできません。保存料なしのものは通販でしか取扱いしないからです。

また無添加と書かれていても、よく調べてみると保存料や甘味料が書かれていることが多いので注意が必要です。長いカタカナで書かれているようなものは大概が添加物と考えていいでしょう。マルチトールや微結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステルがよく使われていますが、たくさん飲むと下痢を起こす方もいるという報告があります。

 

天然ハーブってどうなの?

そして、よく天然ハーブは安心ということを聞くことも多いかもしれませんが、妊婦には合わないハーブというものも存在します。

柑橘系のものや、ローズヒップなどは問題ないとされていますが、女性ホルモンに作用するようなハーブ(ラズベリー、レッドクローバー、プエラリアなど多数あり)もありますのでハーブ製品に関しては専門家に尋ねるか、ネットでも情報を確認することができますので十分に注意しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事