妊娠中の葉酸サプリを選ぶポイントは?

妊娠中は特に初期にかけてたくさんの葉酸や栄養成分が必要とされています。

貧血防止や母体の健康を維持する目的ももちろんありますが、初期に多めの葉酸を摂取すること
で胎児の神経障害などのリスクを減らすことが可能だからです。

 

中期以降も葉酸は必要

とはいっても中期以降まったく葉酸が必要ないというわけではありません。初期に比べるとおよそ半分量でかまいませんが、引き続き胎児の成長のため飲み続けていきましょう。

妊娠中に必要なビタミンは実にたくさんありますが、ビタミンAとDに関しては過剰摂取になると逆に奇形のリスクが高まるため、必要以上には取らないことを心がけてください。
特に動物性のもの(鶏レバー、うなぎレバー)は含有量が多いのであまり妊娠中には食べない方が無難ですね。

 

葉酸以外に必要な栄養成分

必要なビタミンはビタミンB6、B12、C、E、パントテン酸、これらに加えてカルシウムや鉄分などといったミネラルも摂取していけば安心です。

緑黄色野菜、大豆、海藻類や貝類といった食品と上手にサプリを併用して不足しないようにしましょう。

つわり中の葉酸サプリは?

また、つわりなどで食事が摂取できない時は水分とサプリだけでも飲むように心がけてください。栄養不足になると胎児の成長にも影響しますし、母親ももちろん情緒不安定になりやすくつわりが長引く可能性もあります。

つわりを軽減する食べ物

実はつわりを軽減させてくれる栄養成分もあります。

ビタミンB1とB6を摂取することで吐き気やいらいらを抑える効果があるのでこれらが入っているサプリか食材を探してみましょう。

食品では、バナナ、玄米、あさり、豚肉、豆腐、生姜湯、乳酸菌飲料などがこれにあたり、比較的つわりがあっても食べやすい・飲みやすいものです。

 

食事をサプリでカバーする

妊娠中は確かに栄養をたくさん取る必要がありますが、食べすぎ飲みすぎは肥満や体調不良
の原因になりますので不足分をサプリで上手にカバーしていきましょう。

サプリの選び方は妊活サプリとほぼ同じです。できるだけ天然由来葉酸で添加物のないものを長く飲んでいきたいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事