妊娠中はどのくらいの量を摂ったらいいの?葉酸の一日の目安量とは!?

葉酸は細胞の分裂や増殖を促す働きがあるので、妊娠初期に不足していると、胎児の神経管が正常に作られなくなり、神経管閉鎖障害のリスクを高めることになります。
また、妊娠中期から後期にかけても不足が続くと、細胞分裂が滞ってしまったりDNAの合成が正常に行われなかったりして、未熟児や低体重などのリスクが引き起こされます。
いずれにしても、妊娠をしたら葉酸は絶対に不足させてはいけないので、栄養をバランスよく摂ることも大事ですが、まずは葉酸をしっかり摂取しましょう。

妊娠中に摂取する葉酸の一日の目安量は、厚生労働省によると480μgとされています。
成人の摂取目安量は240μgですから、実に2倍もの量を摂取することが推奨されているのですから、いかに重要かが分かりますね。
ただ、実際のところ自分が必要摂取量を満たしているか、というのは判断が難しいものです。
葉酸は緑黄色野菜や豆類、レバーなどいろいろな食材に含まれているので、きちんと3食食べていればある程度は摂取できます。
しかし目安量まできちんと摂れているかは分からないので、不安に思う方も多いようです。

というのも、いくら含有量が多い食材だとしても、葉酸は水溶性ビタミンなので加熱調理などで失われてしまいます。
つまり、含有量で計算したら目安量に達しているとしても、調理の過程でどのぐらい減っているかが分からないので、過不足が分かりづらいのです。
葉酸は胎児に成長には絶対に欠かせない栄養素ですから、目安量をきちんと摂るために、食事だけではなくサプリメントも併用して不足しないように気をつけましょう。

 

葉酸サプリは1日のうちにいつ飲むと良いの?

葉酸サプリは、吸収率の良い食間に飲むのが理想的なのですが、忘れやすい人は、食前でも食後になっても大丈夫なので、飲み忘れることなく継続していきましょう。きちんと管理ができる方は、食間に飲むように心がけてみてください!

妊娠中は、葉酸サプリメントを愛用している方が多いようです。では、葉酸サプリメントはいつ飲めば良いのでしょうか?

葉酸サプリメントの中には、「いつでも良い」と表記されているものもあり、1日の摂取量だけを守って飲んでいる方も多いのでは?実は、葉酸サプリの吸収率が良いのは「食間」で、食後の2時間後の食事と食事の間の、空腹時に飲むのが理想的だと言われているのです。食間だとつい忘れがちになってしまい、1日に複数飲むタイプになると、1回でまとめて飲んでしまう方も多いようです。

食間に1つ飲み、また食間に1つ飲むというサイクルを継続していきたいところですが、仕事や外出している場合が多く、飲み忘れてしまうケースが多くなってしまいます。栄養管理や吸収率のことを考えている方はぜひ試してみてほしいです!

しかし、どうしても忘れてしまうという方は、食前や食後になっても大丈夫です。少し吸収率が下がりますが、食事でも意識して栄養を取り入れていくので大きな問題にはなりません。

 

葉酸サプリでも、同じ食材だから食事と一緒に飲みたいところですが、食間に飲むと吸収率が高いことが分かっているので、きちんと管理できる方は食間に飲むことを心がけてみてください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事