葉酸サプリには副作用ってあるの?

葉酸は、ビタミンB12とともに、正常な赤血球の形成や、DNAの合成に必要不可欠なビタミンです。また、葉酸は胎児の神経系の正常な発達にも必要な物質です。

サプリメントや栄養強化食品に含まれる葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)は、食物中に自然に含まれる葉酸よりも、簡単に体に吸収されます。葉酸サプリを、胎児の神経管閉鎖障害リスクを減らすために摂る場合は、摂った方が良い時期、望ましい摂取量が決められています。

本来は、食事から十分な量の葉酸を摂ることが、母子の健康のためには一番望ましいのですが、葉酸を効率よく体内に取り込むことが難しいので、それに代わり、葉酸強化食品や葉酸サプリメントがすすめられています。

 

望ましい葉酸サプリメントの量とは?

厚生労働省から勧められているのは、食品からの葉酸摂取に加えて、栄養補助食品から1日400μgの葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)摂取です。(参考文献「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」平成12年12月28日厚生労働省)

 

野菜を毎日350g程度食べることができていて、他のタンパク質・炭水化物などもバランス良く適切な量を食べることができていれば、1日400μgの葉酸摂取が可能と言われています。けれど、毎日が忙しく、十分食事に時間をかけられない現状では、個人の努力だけで、毎日400μgの葉酸摂取は難しいことから、神経管閉鎖障害の発症を抑えるために、食事からの摂取に加えて、1日400μgの栄養補助食品からの葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)摂取が勧められています。

なぜ葉酸は食事からのみ摂ることが難しいのでしょうか?

食事性の葉酸は、熱に弱く、加熱調理によって50%近くが壊れて失われてしまうこと、水溶性ビタミンのため、茹で汁に溶け出てしまうことから、体内に取り込むことが難しいからです。それに加えて、体内に貯めておくことができず、毎日摂らなくてはならないこと、そして取り込んでも、利用効率が低いことが、サプリメントなどからの葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)が勧められている理由としてあげられます。

葉酸サプリなどに含まれている葉酸は、プテロイルモノグルタミン酸で、体内での利用効率が85%といわれています。それに対し、食品由来の葉酸は、50%程度といわれています。

 

なぜ1日400μgという数字が出てきたのでしょうか?

これまでの、主要国でおこなわれた研究で、プテロイルモノグルタミン酸を1日に360~500μg摂取することで、神経管閉鎖障害の発症リスクを低くおさえられたという結果がでました。そこから、葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)摂取を1日400~500μg勧める国が多いです。

これまでの研究で、葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)推奨量の内、できるだけ多く摂ればそれだけ発症リスクが減るという関係性は認められなかった。そこで、日本では、発症リスクを低くできる有効な量の中で、一番最小の量を選択して、1日400μgとしています。

 

葉酸サプリメントの上限値とその決められた理由(副作用)とは?

先ほどの参考資料である、平成12年12月28日の厚生労働省通知で、栄養補助食品からの葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)は1日あたり1000μgを超えるべきではないとしています。

上限が決められているのは、錠剤やカプセルタイプのサプリメントからは、簡単に多量の葉酸摂取ができてしまうためです。上限を設けないと、過剰摂取してしまう可能性があります。

副作用その①
過剰摂取するとなぜ良くないのかというと、プテロイルモノグルタミン酸は、ある量を超えると葉酸の拮抗剤となってしまうと考えられているからです。(葉酸の本来の働きを妨害する)

副作用その②
ビタミンB12欠乏症のある人が、高用量の葉酸を摂取した場合、ビタミンB12欠乏症による神経障害の診断を遅らせてしまう可能性があります。
診断が遅れたために、神経障害が重症化してしまい、その後の治療が難かしくなることがあるのです。

副作用その③
妊娠後期に1日1000μg以上の葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)を摂取した妊婦と、その妊婦から生まれた子どもの小児喘息発症リスクに関係性が認められたとする研究結果もあります。
(2009年に発表された、オーストラリア アデレード大学 ミシェル・デービス博士が発表したコホート研究です。ネット上に全文あります。和訳機能を使って要約を読むこともできます。)

これらのことを考えると、日本で厚生労働省が勧めているように、普段の食事に加えて1日400μgまでのプテロイルモノグルタミン酸を、葉酸サプリなどから摂取しようという気になりますよね。

くどい言い方になりますが、副作用など報告されていないと言われている範囲内で、発症リスクを抑えられる可能性ができる限り高く、必要最小の摂取量で良いですよね。

 

葉酸サプリメントを摂るタイミングはいつ?

妊娠の1カ月以上前から、妊娠3カ月前までの間です。神経管閉鎖障害の発症リスクを低くするために、すすめられている期間です。

葉酸サプリだけがすすめられている訳ではなく、葉酸を

はじめとする各種ビタミンを多く含む栄養バランスのとれた食事に加えてという意味です。

なぜこの時期かというと、先天異常の多くが、妊娠直後から妊娠10週以前に発生しているからです。
特に、神経管閉鎖障害は、妊娠7週未満に発生するといわれているため、多くの人が妊娠に気付く月経予定日を過ぎて1週間の妊娠検査薬で判定する妊娠5週前後ではなく、そのもっと前、月経開始日から内服し始めても良いということです。
神経管閉鎖障害を予防するという目的でプテロイルモノグルタミン酸を栄養補助強化食品やサプリメントからできるだけ正確な量を服用した方が良い時期は、よって3カ月(妊娠8週~11週)までで良いということになります。

副作用を見ると、少し怖いような気がしてしまうかも知れません。
表示してある1錠あたりの葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)の用量を良く把握して、妊娠1カ月前~3ケ月までは、勧められている1日400μgを食事に加えてサプリなどから摂れば良いのです。

それ以降も、1日400μgでしたら、上限には達していないので、妊娠期間通じてずっと内服していても問題はありません。

葉酸は、胎児の先天異常発症予防のためだけでなく、妊娠前後にたくさん必要となる赤血球を作り出すため通常の時より多く必要とされる栄養素でもあります。
妊娠中期以降は、サプリから摂ることが不安という方は、葉酸を多く含む食品(緑色の葉野菜、アスパラ、ブロッコリー、枝豆、レバー)を積極的に摂りたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事